RSS
 

MURASAKIno ハンドクリーム 40g

植物由来の保湿成分がうるおいを与える 滋賀県産のヒマワリ種子油やナタネ油など、肌をなめらかにする天然の保湿成分を配合したハンドクリーム。ムラサキ根エキスも配合しているので、お肌にうるおいを与えながらも、べたつきすぎない使用感です。 【内容成分】 水、ヒマワリ種子油(※)、ナタネ油(※)、グリセリン、ペンチレングリコール、カカオ脂、べヘニルアルコール、水添レシチン、トウキ根エキス、ツユクサ葉/花/茎エキス(※)、シャクヤク根エキス、ムラサキ根エキス(※)、スクワラン、カニナバラ果実油、ニュウコウジュ油、ティーツリー葉油、エタノール、キサンタンガム、セルロースガム、ヒアルロン酸Na、炭酸水素Na、銀、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、クエン酸、トコフェロール (※)滋賀県産原料 【使用方法】 適量を手に取り、マッサージするように塗布しなじませます。

MURASAKIno ハンドクリーム 40g

価格:

2,970円 (税込)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

女性の美しさの枕詞になってほしいという願いを込めて 「MURASAKI no」は、女性の美しさの枕詞になってほしいとい う願いが込められて誕生しました。 原材料となっている紫草を栽培している滋賀県東近江市に位置する 船岡山という一帯は、古くから蒲生野(がもうの)と呼ばれ、 古くは朝廷の遊猟の地となっていました。 この地は、万葉集の代表的な恋歌である「額田王(ぬかたのおおきみ)」と 後の天武天皇となる「大海人皇子(おおあまのみこ)」の相聞歌が 詠まれたゆかりの地として知られています。 その和歌にはいずれにも「紫草」が詠まれており、 その美しさから和歌の世界では「美しい」や「高貴なもの」の枕詞として 「紫草」が用いられてきました。 日本古来から存在する「紫草」を使用した「MURASAKI no」のブランド名は、 そんな紫草のように、女性の美しさの枕詞になってほしいという願いを 込められ命名されました。 根に宿るチカラ 紫草の根、紫根(シコン)がオーガニックスキンケアの主役に 化粧品シリーズ「MURASAKIno」の原料となるのは、 日本古来の植物、紫草(ムラサキ)の根、紫根(シコン)。 医薬品の品質規格書「日本薬局方」にも登録されており、 優れた保湿・保護効果や、さまざまな肌トラブルから守る働きがあると言われています。 紫根エキスを使った外用薬として「紫雲膏(しうんこう)」などがあり、 やけどや湿疹、肌荒れの漢方薬として長年親しまれてきました。 最近では、紫根を使ったオーガニックのスキンケアアイテムが注目されるようになり、美容意識の高い方や、お肌に悩みを抱えていた方の間で話題を集めています。 国産紫根の3つのチカラ 1.お肌の悩みにはたらきかけトラブルから守る お肌のトラブルであるニキビや吹き出ものは、 毛穴に皮脂が詰まって炎症を起こしている状態です。 紫根が持つ保湿効果は、お肌の状態を最適に保ち、肌環境をきちんと整えてくれます。 2.ターンオーバーをサポートしてなめらか肌に 紫根は、お肌の生まれ変わり=ターンオーバーを助けてくれます。 肌荒れや乾燥などのダメージを受けたお肌をメンテナンスし、 肌をきれいに保つ効果が期待できます。 3.日焼けによるシミ、ソバカスの改善につながる 日焼けによるシミやソバカスの原因は、 角質に残っているメラニン色素によるものとされています。 お肌のターンオーバーがスムーズに行われることで、 くすんで見える肌にツヤとうるおいを与え、健康的で明るい印象へと導きます。


TOP

ページトップへ